サイネージシステムが東京銀座に設置されました

サイネージシステムが東京銀座に設置されました

渡邉研究室では、観光防災対応サイネージ(電子看板)システムの研究開発を行っています。すでに、静岡県立大学の草薙・小鹿キャンパスの計18台の電子掲示板で、開発したシステムが採用されています。

昨年7月に、メディアミックス静岡、スカパーJSATとの共同研究により、岩手県遠野市「道の駅遠野風の丘」にテスト機を設置しました。また、昨年10月の東京ビッグサイトでのRISCON(危機管理産業展)において、スカパーJSATブースでの展示を行いました。

3月2日に設置された岩手県の東京銀座アンテナショップ「いわて銀河プラザ」のサイネージでは、今回開発したシステムが採用されています。

Comments are closed.